個人輸入・商業輸入ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

個人輸入を行うには

 税関の説明によると、個人輸入の「形態」には以下の2種類などがあります。

・輸入者自身が購入したい品物を直接、外国の通信販売会社、小売店、メーカーなどに注文して、そこから直接購入する方法

・輸入代行業者に注文して、その代行業者を通じて輸入する方法


 また税関では、海外からの「輸送方法」を以下のように説明しています。

——————————
・国際郵便を利用する方法
・国際宅配便を利用する方法
・一般貨物として、船便又は航空便を利用する方法

などがあります。
——————————

 malltailを利用して個人輸入を行う場合、以下のような流れとなります。

・海外転送サービスでは
……お客様自身が海外のショッピングサイト等で商品を購入し、現地物流センターの住所(セカンドアドレス)を送り先に指定してください。
 現地スタッフがお客様に代わって荷物を受け取り、検品や梱包を行って「転送サービス料金」をご案内します。
 転送サービス料金を決済していただいたあと、荷物を日本に向けて転送します。


・買物代行サービスでは
……お客様の依頼を受け、「買物代行サービス料金」(商品購入代金+サービス手数料)のお見積もりをご案内します。
 お客様に買物代行サービス料金を決済していただいたあと、malltailのスタッフがお客様に代わって商品を購入し、受け取ります。

 検品や梱包を行って「転送サービス料金」をご案内し、転送サービス料金を決済していただいたあと、荷物を日本に向けて発送します。


このページの先頭へ