個人輸入・商業輸入ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

個人輸入のメリット・デメリット

<個人輸入のメリット>


 とくに円高の時期は、海外のショッピングサイトで注文したほうが、同じ商品をより安く購入できる可能性があります。
 そもそも日本では販売されていない商品が手に入ることがある点も、個人輸入の魅力の一つです。

 ちなみに、輸入通関には一般通関と個人輸入通関がありますが、個人輸入通関の場合は、食品衛生法や薬事法等に関する手続きが免除されている(ただし、輸入できる数量が制限されています)、合計商品代金の60%に対して課税される(つまり、税金が安くなる)といったメリットが得られます。


<個人輸入のデメリット>


 海外のショッピングサイトで商品を購入することになるため、商品探しが日本のサイトと比べて難しいことは否めません。商品に関する問い合わせや、数量・サイズ違いへの対応など、ショップとのコミュニケーションを外国語で行う必要があるのも、難しい点といえるでしょう。

 なお、malltailの海外転送サービスでは、ショップとのやり取りは基本的にお客様ご自身に行っていただくようお願いしています

 お客様に代わって商品を購入する買物代行サービスでは、malltailのスタッフがショップとやりとりしますので、お客様に直接ショップへ連絡していただくことはありません。


このページの先頭へ