ご利用ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【配送申込書】衣類の商品材質記入つきまして

以前衣類・靴などの輸入際の商品材質を記載についてご案内致しましたが、

衣類の素材に関しまして再度説明させて頂きます。


例えば赤ちゃん用のお洋服、スエットTシャツの場合は 





まずは素材の確認 コットン87%、ポリエスター13%となります。



のようになります。
素材は最も多く使われている素材をご記載下さい。
衣類の場合には、編み方で商品がKnitなのかWovenになるのかが変わります。
伸びる材質はKnit、伸びない材質はWovenになります。
Tシャツやポロシャツ、セーターなどはKnitとなります。

シャツの場合


このように伸縮性のないシャツやデニムなどのボトムスはWovenとなります。


大人用の衣類の場合は性別と素材の記載が必要となります。





商品名〜 96%コットン mens woven


女性用衣類の場合は



商品名〜 100%コットン womens knit


そして、最近税関での審査の際に輸入者(荷受人)様と違う性別の商品を含む場合には
免税がなく商品金額がそのまま課税対象となります。

例えばご夫婦で男性用の洋服と女性用の洋服数点を注文された場合は
使用用途を“個人使用以外の使用目的(グループ購入、ギフト、不特定多数の人が使用、業務用、販売目的など)”を
選んで頂くか、ご夫婦でそれぞれ配送申込書を作成して頂き
男性用のお洋服は男性の輸入者(荷受人)宛、女性用のお洋服は女性の輸入者(荷受人)宛
として別々の配送にしていただく必要がございます。
(決済能力のないお子様用の商品は性別関係なく個人輸入可能です。)
おまとめに梱包を選ぶと輸入者(荷受人)はどちらか一方が宛先として設定されますので、おまとめ梱包はされませんようお願いいたします。

輸入者(荷受人)様と別性別の商品を購入されてもご本人様が使用される場合には事前に
ご連絡頂くもしくは、通関の際にそのようにご回答頂きたく存じます。
(最終的には税関が判断しますので個人使用と伝えても個人使用とみなされないケースもありますので、ご了承ください。)

これから始まるブラックフライデーセールに向けて多くのお客様が大量の商品を買う事が予想されます。

素材の記載のない商品は、通関の際に素材の確認が必要となり

お客様への素材の確認をしてインボイスの作成直しの為、通関完了までお時間が掛かります。

通関をスムーズに行い、少しでも早くお客様のお手元にお届けできるよう

皆様にご協力頂ければ幸いでございます。


※日本で通関の時、商品の材質により税率が変わりますので、必ずご記入お願いいたします。
記入がない場合には弊社の作業員が調べて記入することになりますが、その際の税率についてのご対応はできませんので、
予めご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ